「仮想通貨年間損益計算シート」提供開始!

仮想通貨の確定申告に必須ツール「仮想通貨年間損益計算シート」を提供開始します。

【仮想通貨の確定申告】
国税庁が平成29年12月1日に「仮想通貨に関する所得の計算方法について」を指針として公表しました。
仮想通貨の売買や使用により得られた利益は「雑所得」として扱われ、他の雑所得と合算して20万円超であれば確定申告(2/16~3/15の期間内)が必要です。

他の通貨(円、ドル、他の仮想通貨等)へ交換した場合や買物で使用した場合など、仮想通貨取引により利益が発生した場合には、
仮想通貨の取引にかかる利益を計算し、他の雑所得と合算して20万円を超えているかを判断する必要があります。
雑所得を他の所得と合算した課税所得に対し5%~45%の累進税率(別途住民税10%)が適用されます。
仮想通貨の収支計算方法は移動平均法と総平均法を選択することができます。
特に高額な所得が見込まれる場合には、有利となる収支計算方法を選択することで納税額が大きく変わる場合もあります。

「仮想通貨年間損益計算シート」は移動平均法・総平均法双方に対応していますので収支の比較計算が可能です。

☆☆☆「仮想通貨年間損益計算シート」の詳細・申込はこちら☆☆☆
(注)キャンペンコード欄に【001】とご記入ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL