新設「介護支援取組助成金」スタート!

仕事と介護の両立を支援する

取り組みを行った事業主に支給されます。

1業種:1回のみ     定額60万円

 

 

【やることは3つだけ】
①アンケート調査
アンケート調査により介護に対する社員様の意識および実態把握
②社内研修開催
我が国の高齢者介護の基本と実態を学び、介護離職防止の具体的な方法取得
③相談窓口の設置
雇用の安定及び促進(介護に直面した社員様への個別対応が可能)

 

◆この補助金を受給するには!
A.申請する企業が、厚労省ホームページ【両立支援助成金 – 厚生労働省】を検索し「自ら申請」する
B.社労士、税理士等経営指導専門家が当該助成金を研究し「申請企業の指導」の上に申請する
C.BFCA経営財務支援協会(JSK/キリン倶楽部等)の介護助成金担当(高橋礼子)提携先(NPO日本介護レスキュー、田中肇氏)の相談、支援、指導等を受けて、自社もしくは顧問先の申請に取り組む

(C1)首都圏のBFCA会員等の方は、最初の1社をNPO介護レスキューに指導料30万円で委託できます
(C2)「仕事と介護・両立支援アドバイザー」を受講し、介護離職防止等補助金申請のアドバイザーになれます
 ※電話:03-5367-1558(窓口:高橋礼子)

ご興味のある方は、お問い合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL