note(コンテンツ発表できるプラットフォーム)活用

 

この度、既存メディアツールに加えて、個人のクリエイターが、自分のメディアとしてコンテンツを発表できるプラットフォーム note を活用することとなりました。

 

 noteにてマガジン配信中!!事業再生学の有料コンテンツもあります!

 

 

●note(bfca経営財務支援協会)

 

 

 

 

 

BFCA経営財務支援協会では、JSK事業戦略研究会をはじめ、会員の皆様の業務にお役立ていただける各種情報、事業所PRなどを、ホームページ、Eメール、FAX、インターネットなど、メディア・ITを活用するとともに、例会やセミナーでの直接交流の場も提供しております。

 

 

この度、既存メディアツールに加えて、個人のクリエイターが、自分のメディアとしてコンテンツを発表できるプラットフォーム note を活用することとなりました。

 

 

 

note ――つくる、つながる、とどける。

 

noteは、そこに課金を組み合わせるという新しい仕組みで、文章だけでなく、写真やイラスト、音楽、映像などの作品を投稿することができます。

 

これだけだと、よくあるじゃないかと思われる方もいると思いますが、noteでは、無料で見せるだけでなく、販売することもできます。

 

出典noteーーつくる、つながる、とどける。

 

 

 

オープンでインタラクティブなnoteでは、フォロー機能で、ファンとつながることも可能です。また、そのほかのSNS(ツイッターやFacebook)に発信する仕組みがすでにあります!

 

ファンを増やし、日常の活動報告、ファンとのコミュニケーション、そしてビジネスまで、すべてのクリエイティブ活動がワンストップで実行できる場所にすることができます。

 

 

 

BFCA経営財務支援協会でも、noteを利用し、「事業再生学」のコンテンツを有料で公開しております。もしご興味がある方は、お試しください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL