海外視察シリーズ マカオ・珠海視察 2013.11.29~

 マカオ・珠海視察 2013.11.29~

マカオは珠江河口をはさんで香港の対岸にある、中国本土の南海岸に位置する特別行政区です。1999 年までポルトガルの植民地であったことから、東西文化の融合が色濃く残っています。コロアン島とタイパ島を連結して埋め立てたコタイ地区には巨大なカジノやショッピング モールがあり、「アジアのラスベガス」と呼ばれています。代表的な建物のひとつに、街の絶景を一望できる 338 m 高さのマカオタワーがあります。

珠海市は中国南部の広東省の近代的な都市で、マカオとの国境に位置します。1980 年に中国初の経済特区に指定され、今日ではゴルフリゾート、テーマパーク、珠江デルタの沖合にある島々で知られています。歩行者専用の蓮花路や、景山路に立ち並ぶショッピング モールは、免税品のショッピングで人気の場所です。

❏マカオ視察メモ (PDF
❏マカオ視察レポート ビデオ化 (Youtube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL