海外視察シリーズ シンガポール 視察ツアー 2012.08.05~

シンガポール 視察ツアー 2012.08.05~

海外進出には、市場動向や、言語・商習慣の違い、文化の違いなど、多くの課題があります。経営者、経営指導者だからこそ、学び・体験したいシンガポールの今を視察

  • GDP2位で注目の中国に比して、一人当たりGDPで日本を抜き去りアジアNo1の国が、シンガポールだ。
    この国は、教育水準が高く、金融と貿易でアジアのハブとして機能している。また、年金制度はじめ経済政策や税制など先進国が見習うべきポイントが多い。
  • 東南アジアのほぼ中心、赤道直下に位置するシンガポールは、国土面積は東京23区とほぼ同じと小さく、資源にも恵まれていない国家でありながら、他のアジア諸国とは一線を隔し、金融と貿易を軸に見事な発展を続けている。
    経営者の判断力やリーダーシップは、経験や知識によって醸成されます。この視察に再建バブル崩壊への備えのヒントが在るやもしれない。

❏シンガポール 視察ツアー 2012.08.05~ ご案内 (PDF
❏シンガポール 視察ツアー ツアー内セミナー資料 (PDF
❏シンガポール 視察ツアー 2012.08.05~ ビデオ化 (Youtube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL