ベネフィットアルファ
会員制・福利厚生サービス”ベネフィットα” 月刊誌のバックナンバーです。 
だ!Kidsと旅に出よう!
表紙 トピック
吉田栄作
①インドアもアウトドアも楽しむ
②新しい旅の形
佐々木希
①“社会人割”を使いこなす
②プレミアムフライデー限定プラン
優香
①人気カテゴリー別、エンタメ得三味
②ぽっきりプランの宿
川口春名
①今、美味しいがいっぱい
②「TOHOシネマズ」で事前座席予約!
長友佑都
①健康的生活のススメ
②地域企業の“部活”支援サービス「ACTIVITIES」
阿部寛
①年末年始の過ごし方
②らくらくごシリーズ~気楽に落語を楽しむ~
有村架純
①今いきたい日本の温泉宿
②日本最大級 BBQイベント開催!
 
 ※バックナンバーをご覧になれます。

 
 
 
JSK事業戦略研究会&キリン倶楽部会員は、ベネフィット・ステーション(日本最大の福利厚生支援事業)のサービスを受けることができるようになりました。2015年4月~
 
株式会社ハローコミュニケーションズ(豊島区東池袋)と株式会社 経営財務支援協会(新宿区四谷)の業務提携によりJSK事業戦略研究会々員等は、以下の特典を受けることが来ます。
 
・会員は、ベネフィット・ステーションのユーザーとして認証され、全てのサービスを受けることができます
 
 

 
 
 
 
 本提携の経緯と狙い
(BFCA経営財務支援協会 代表 杉田利雄)
 
 
情報系大手企業を退職し経営コンサルタント事業を初めて20年余が経過しました。この間、三菱や三井、住友、東芝、トヨタなどのビックネームを関した企業の経営指導にも関わりましたが、経営指導の対象企業は中小零細企業が圧倒的多数でした。
 
学生はじめ就職者は、ルール上は就職先を自由に選択できます。しかし、大手企業、有名企業への就職は容易ではありません。従い、就職者は自身の喜望と就職先の経営理念等と折り合いを付けながら入社することになります。
 
折り合いをつけたと言っても、中小零細企業への就職は、大企業との比較において心配があります。昇給はあるのだろうか。企業の持続性は大丈夫なのだろうか。そんな心配の中に「福利厚生はあるのか」も含まれます。
 
多くの方がご存じの通り、バブル経済崩壊以降は、大企業といえども箱根や熱海と言った福利厚生用の施設は売却し、会員制の福利厚生サービスを導入するケースが圧倒的多数となってきました。その最大の、サービス提供が「ベネフィット・ステーション」です。
この度の、業務提供により、三大銀行や自治体の一部が利用する「ベネフィット・ステーション」のサービスを中小零細企業でも導入でき、その恩典を従業員の方が受けれるようになるのです。
 
JSK事業戦略研究会々員の皆様には、中小企業従業員様向けの福利厚生の普及活動にご理解とご協力をお願い申し上げます。
 
❏ 中小企業向け福利厚生商材のご説明  PDF